« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

思わず買いたくなる輪ゴム

Mujirubberband 輪ゴムって、ほとんど買ったことがないのは私だけでしょうか。有名な、動物のカラー輪ゴムとかはとっても物欲を刺激されますが「輪ゴムを衝動買い」ってあんまりやんないでしょ。それに輪ゴムって、何となく家の中でリサイクルされていて、わざわざ買いに行ったりしないんですよね。ひととき在庫がゼロになったら、会社のデスクから3本くらいもらって(ぱくって)きたり、そうしているうちにまたどこからともなく集まって、充分な在庫になる・・・・・・というサイクルを繰り返してます、ウチ。

 そんな先日、久しぶりに無印の小物関係をざざーっと見ていたら、「物欲を刺激する輪ゴム」があるじゃないですか。もちろんお買い上げしたのが写真のこれなんですが、なかなか見応えのある造形です。色はライトグレイ、このリブみたいなのは結わえるときのストッパーにもなるという機能的なものなんですが、なんだかデザイン的にも歯車みたいな感じでカッコイイのです。マッシブ感のある輪ゴムって感じ。黒もあったらいいなぁ。
 
 そのほか、無印の小物をいろいろと見ていたんですが、アウトドアで使えるナイロン?のベリベリベルクロ留めタイプのが一気にモデルチェンジ(たぶん3モデル×各2色)していまして、ちょうど旅行前だったりもするのでどれか買ってしまいそうです。色はダークブラウンと黒。ネックストラップを通す金具が大きめでヨイですし、アウトドアブランドのよりも断然安いし、小銭入れの部分も使いやすそう。特にいいなと思ったのは、いちばん小さい(名刺くらいの大きさ)やつで、ジッパーで開閉する小銭入れ×2室のみというシンプルなもの。クレジットカードこそ入らないけど、お札を小さくたたんで入れられて、小銭とかちょっとした小物は入るって感じ。ジョギング、プール、カンツリなどにピッタリ(笑)。このシリーズは、リンクを張って紹介したいと思ったので無印のウェブを探し回ったんですが、掲載されていないのか、単にわかりにくいのか・・・・・・発見できずでした。お店に行ったらチェックしてみてください〜。

@ふなふな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

3Dで見る「スーパーマン・リターンズ」

Spmreturns_1もともとデヴィッド・リンチとかウディ・アレンの好きなヒビコレ映画班ですが、大作系ももちろんチェックですよぉ〜。ということで、本日はIMAXシアターで、3D版の「スーパーマン・リターンズ」を見てきました。

 IMAXは、写真のようなサングラス(偏向グラスなんでしょうね。左右異なる映像をこれでフィルタリング、残像効果を利用しているのでは?)を使って立体映像を見せるシアターなんですが、このIMAX版スーパーマン・リターンズ、全編ではないものの部分的に立体映像になっているんですよね〜。該当するシーンになると、スクリーンに「サングラス着用サイン」がインポーズされ、みんな一斉に着用するんです(笑)。これはなかなか面白い効果を上げていて、先に言っちゃいますと「まだ見ていないけど見てみるつもり」な人は、ちょっとぐらい遠くても、ぜひ品川でご覧になることをおすすめします。いやもちろん関東の人なぁ〜天保山ではやってないみたいなんで。シーンによって、この立体映像がものすごく視覚的な快感をもたらしているところがあって、2,000円でこれだけ楽しめるんだったらとっても安いッス。

 映画そのものはちょっとプロットに荒っぽい感じがあったりはしたんですが満足しました。アメコミ的な演出とシリアスドラマの間で揺れている感じがしたのと(私はとことん後者に絞っても良かったと思うが)、マイケル・ベイ的な(笑)演出に傾きかけるところがチラチラしたのが本当に惜しい!んですが、良かったのは、なんといっても、あのクリストファー・リーヴの跡を継いだブランドン・ラウスの顔がめっちゃキレイなこと。昔の「スーパーマン」に思い入れのある人が見たら、あの横顔だけで感動しちゃうんじゃないでしょうか。もちろん、大規模な視覚効果も「ほほぉー」と驚くものがありまして、特に飛行シーンのスピード感などはさすがにとても素晴らしい。しかも、この品川のアイマックスシアターは、サラウンドの定位もすごくシャープだし(特にスクリーン裏のセンター音声が優秀)、試聴距離が的確なので、すごく映画に入り込めるんですよね。それから、あちこちに、昔の「スーパーマン」から引用したセリフやシーンが散りばめられているので(オープニングタイトルの書体からしてそうだし)、事前にDVDをレンタルして予習すると、いっそう楽しめると思います。
 全体的には、昔の「スーパーマン」と、クリストファー・リーヴに対する敬意が感じられていい映画になっていると思いました。んで、続編もありそうですな、ありゃ。どうなるのかな。

 <★★以下ネタバレ(下ネタ)注意★★>
 本編とは全く関係ないんですが、関西人の私としては、スーパーマン・リターンズという事実よりも、関西(大阪?)方面の小学生にポピュラーだった「♪スーパーマンの子ども、子ども、子ども/スーパーマンの子ども、スーパーま●こ〜」という替え歌が現実のものになって、感慨深かった!! 映画を見ながら私と同じことを考えちゃったアホな人、もしいたらぜひコメントください。あ、フレーズは「London Bridge is falling down」の替え歌です、念のため。

@ふなふな
Bowlingerその後、15年ぶりくらいにボウリング(笑)。ジャワティーを仕入れて、気分は80年代っす!

| | コメント (6) | トラックバック (1)

ユニクロ秋冬ちょっとだけ見

Uniqlo_light_jeans_2まだTOCネタが残ってたんで追加〜。いぬいぬ氏がワゴンから1,000円とかそんなもんで発掘してきたライトウェイトのジーンズがこちらです。夏場はとにかく汗をかくと乾きが遅いし暑いのであんまりデニムをはかなくなるヒビコレ中年夫婦ですが(特に私はほぼ完全にデニム履かなくなります)、これだと軽くて楽ですねぇー。ポリエステル3%混紡でストレッチになってまして、生地の質感もパリっとしていてなかなか涼しげです。

 んで、実は今日またちょっと別のお店に立ち寄ってみたんですが、デザイナーズインビテーションシリーズが立ち上がっていて、アウターとかがたしかに相当カッコよくなってました。例えばコートとか、これまでは「いいんだけど、ちょっとなぁー」って感じだったのが、確かにイイです(そんなにハイクオリティ感みたいなのはないんだけど、安っぽくもない)。個人的にはサイを楽しみにしてますよぉー。
 さらにそのほかでは、メンズでタイトフィットシリーズのVネックリブTがすごくよくて、しかも790円というビックリ価格。今日はまだ長袖を買う気がしなかったので悩んだ末パスしましたが、100%買うと思います(ライトグレイかな〜)。着丈がちょっと長めなのも気分に合っております。また、大展開しているスキニーシリーズのジーンズ、メンズもあるんですな。ま、うちは夫婦揃って足が入るかどうか怪しいんで手を出さないつもりなんですが、レディスの秋冬ではトレンドだとか。ふと思いついたんですが、いぬいぬ氏が大ファンだという江頭2:50氏を起用したプロモプランとかどうでしょうか。黒タイツだと思ってカメラが寄ったらスキニージーンズだった、みたいな。

@ふなふな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

au W41CAのカメラ機能

TennnouzuW41CAについては何度か触れましたが、カメラの写りがよいことも気に入っている理由のひとつです。ここに掲載したのは街でスナップしたうちの一部なんですが、これだけ写れば文句をいう筋合いもございません。荷物を減らしたいお出かけの時はGR DIGITALを持ち歩かなくなりました(なんて書いたらリコーの人に殴られそうですけど)。そりゃ等倍で見たら周辺が流れたりパープルフリンジとかたくさんありますが、ブログ用などにはもうナンの不足もないですねぇ〜。この天王洲アイルの橋とか、しっかり写ってるでしょ?(ちなみにこのときは、橋の真ん中でドラマロケやってました。ロケ中の人物はやべっち)。スペックは、CMOSの約200万画素だそうです。

 シャッターボタンの「半押し」ができるのと、フォーカスが充分に高速なのも買ってみて驚いたポイントです。フォーカスフレームはちゃんと画面中央部分にインポーズされまして、普通のコンパクトデジカメみたいに合焦すると「ピピッ」とグリーンになります。サイドキーを使って撮影する時、半押しでフォーカスロックできるのには心底たまげました。AEロックが同時にかかったらもう満点です(が、露出補正はヘタなデジカメよりもやりやすいので問題はない)。miniSDカードにトランセンドの高速タイプを奢っていることもありまして、フル解像度で撮影してもそんなにイラっとしません。起動はデスクトップショートカット(これ便利っすよね〜!)に登録してるのでこれまたストレスフリー。コダックのDC260 ZOOMなんてのを使っていたころから考えると夢のような高性能ですほんと。
 さらに、いろいろと高度なフィルター(ビジュアルエフェクト)がかけられるのも、私がMacintosh IIcxでフォトショップ+KPTをいじっていたころに比べるとマジで驚異的。そうそう、ワイドモード(アスペクト比3:5?)で撮影できるのもなかなか楽しいもんですよ。
 
Natsukusa

Sutaba

Shirobye

Eventide

ちなみに、白バイさんのは「十字路の角に身を潜めて一時停止無視の車を待ち受ける」の図。学校がすぐ近くにあるとはいえ、こんな見通しのいい十字路でやる必要あるのかね? そんなことやってるんだったら、近くの清水池公園に行って頂いて、タバコの吸い殻を捨てているマナーの悪い釣りオヤジ(同業者として情けない!)を轢いちゃってくれ。

@ふなふな

| | コメント (5) | トラックバック (0)

DIGAWELのオリジナルポロ

Digawelpolo勝手に紹介ばっかりしていながらあんまり買い物をしていなかったお気に入りのお店、DIGAWELさんですが、ずーっと気になっていたコットン+リネンのポロを買いました。これ、メチャクチャいいです。
 商品そのものの説明はTARI ☆TARIさんのところに丸投げさせてもらいますが、着丈と身幅のバランスとかが好みだし、何と言っても衿のサイズとこの質感がすごくきれい。個人的にポロシャツってあんまり着ない気がするんですが、よくよく考えたらあの衿があんまり好きじゃないような気がするんですよね。ペッタンとして、無造作に大きかったりするあの蛾の羽根みたいな感じがどうも物足りないのかも? その点このポロは衿に表情があってすごくヨイですね〜。実は、肩にもヒミツがあるんですが、それはぜひ店頭で。DIGAWELさんの服、「ふふふ」とニッコリできる見所たっぷりで好きです。“キャラクター商売”じゃなくて、発想が洋裁屋さんっぽいのも好きなポイント。なんつっても丈夫そうだし〜。これ大事。

@ふなふな

@いぬいぬ着用感想:衿がリネンということで、もうそれだけで「買う!」と決めてしまったワタクシ。着てみると、なんだかやせて見えるのはなぜでしょうか。。。袖の筒周りがほどよく大きくて少し余っているからなのか。メンズと同じ作りのようです。普通のポロシャツだと割とぴったりしちゃう・むっちり二の腕のワタクシとしては、かなり有り難い(笑)。大事に手洗いしてますが、かなり丈夫そうな作りです。白いスカートとかに合わせてますふふ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

OPIのネイルカラーも安いんです

Opiさらに続く五反田TOC編(長い)。お次はこれ、オーピーアイのネイルカラーが安いんですよ〜。取り扱いは、地下1階のエスカレーター左曲がって奥のお店です(店名忘れた。行ったらわかる)。何と2本で2,100円なんです。大抵、2000円前後だと思うので、1本買ったらもう1本付いてくるみたいなもんですな。プロのネイリスト(ネイルサロンはもちろん)御用達のOPIがこの価格。安いですよね〜。もしかすると閑散期の8月だけの値段設定かもしれませんが。以下、全然詳しくない私が勝手に書いてみますのでいぬいぬ氏、ヒマなときに追記してください(笑)。

 早速、いぬいぬ氏が使っていましたが、素人目にも非常によい仕上がりです。端的に言うと「上手い人がカラーリングしたような感じ」というのかな。私もちょっと親指にペディキュアしてみましたが(*)、さすがに安物とは伸びが違っていて、少量でスーっと塗ることが出来ます。ネイルカラーって、ボタっと厚塗りするとダメダメな仕上がりになりますが、これなら上手く塗れるかもしれん。キャップも持ちやすい。さすがオーピーアイ。
 ちなみにお店には、ダイヤモンドパウダーが入ったD(デザイナー)シリーズの製品もラインナップされていました。購入こそしませんでしたが、サンプルを見てみると、素晴らしいキラッキラ感でビックリ。こちらのシリーズは、ブラシの形状も微妙に変わっているそう。……てことで、O.P.I.に目がないそこのアナタ、TOC行ってみて〜。

@ふなふな

*すみません、面白い色のがあると時々、指1本だけとか塗ってます。子供の頃プラモ好きだったもんで……。

■追記:オーピーアイって「結婚式出席などでたま〜に行くサロンで塗ってもらうネイルカラー」と思い込んでいて、自分で買ってみようとしたことはなかったんです。安いネイルカラーの方がいろんな色が試せて楽しいし、、、と思っていたので。でも、オーピーアイのネイルカラーを自分で塗ってみて、考え方が変わりました。簡単かつキレイに塗れるのって、ホント、ストレスフリー! 今まで使っていたネイルカラーが「何だったの?」というくらい(´з`) やっぱり値段が高いのにはわけがあるのね。。。ちなみにこのお店の名前は「SALLY」。美容室で使われる業務用用品の数々を取り扱っているお店です。美容室の椅子とか、ワゴンまで置いてある!

@いぬいぬ

| | コメント (2)

五反田TOCミニガイド

Toc_gotanda

 ファミリーセールなど、一般的には催事のイメージが強そうな五反田TOC(テーオーシー、ちなみに“東京卸売りセンター”)ですが、地階を中心にいろいろとフツーのお買い物も楽しめるんですよ。ヒビコレ浪費班、よく遊びに行ってます。お店の入れ替わりもちょくちょくあるのであんまり役に立たないかもしれませんが、TOC編が続いていることもあるので、ちょっとしたガイドを。ヒマなときにでも探検してみてください。ま、あっち方面にわざわざ出かける用事もあんまりないでしょうから「ついでに」ってわけにはいかないでしょうけどね。デート向きってわけでもないし(笑)。

●1F
 まずは(ってこともないけど)ユニクロ。メンズとレディス/キッズが分かれた店舗になってまして、ときどきレディスにも手を出す私には不便なんですが、その分品揃えは非常にヨイです。ユニクロのすぐ近くにはOFFICE DEPOTがありまして、これまた相当な規模の店舗(といっても、本家のお店はもっとデカいですけどね)。ときどき、ワゴンセールで格安のアイテムがあるので、チェックしてます。
 正面入り口から入って右の半地下みたいなところには前に書いた通り、ABC MARTのアウトレット店が。ハンパサイズに掘り出し物アリ。疲れたらそのすぐ脇にあるエクセルシオールカフェ(いぬいぬ氏はドトールだって知らなかったらしい)で休憩って感じ。そうそう、奥の方には地下から移ってきた雑貨屋さんもありまして、ここはヒビコレお気に入りのお店です。先日はずーっとシンバルズが流れていて懐かしかった〜とまぁ、そういうイメージの、かわいい雑貨屋さんで女子におすすめ。パーティ二次会の景品探しとかにも最適です。

●B1F
 1階からエスカレーターを降りると右側に「オリヒカ」と書店。こっちサイドで有名なのはやっぱり例のグシャグシャなスポーツ用品店ですね〜(前にも書いたけど、棚卸しやってんのか!?)。スポーツブランドの激安ジャージを求めてB系のかたもご来店という噂。シブねたとしては、セルジオタッキーニbyスペルガの紺色スニーカー珍品とか。その斜め前のお店も注目で、こっちは結構モード系の掘り出し物が。たとえば、ディースクエアード、Abercrombie & Fitch(←ポロでいいのがあった)、トゥルー・レリジョン、そのほかトミーヒルフィガー、ティンバーランドなど、割とインポートもの中心のセレクトショップです。ただし、そんなに量はないし、品物の動きも早いのでマメにチェックが必要です。メンズ&レディス両方あります。
 エスカレーター降りた向かって左側は、ごはんゾーン。日曜日だと閉まっているお店が多いんですが、和食、洋食、中華、エスニックと何でも揃います。こちらサイドは女性におすすめのお店が幾つかありまして、ひとつは角にあるネイル&ヘア系のプロショップ。ここはまさにプロ向けって感じで凄い品揃えです(追ってご紹介予定)。そのちょっと右のほうには、NaturaBisseやアヴェンヌから国産まで、コスメが格安でゲットできるディスカウントショップがあります(いぬいぬ氏御用達、いつも行ったらまとめ買い)。

 ド正面奥には「フィッシャーマン」が。ジャバロン揃ってます(←ほとんどの人には関係のない謎のピンポイント情報)。私はスモラバでも作ろうと思って、常吉のタングステンジグヘッドとか買いました。それから、アブのRevo SX/STXが入っていたのでいじってみましたが、思いのほか安っぽくてちょっと残念。パーツの仕上げとか塗装とか、Morrum SXシリーズには遠く及ばない質感です。どれかひとつ買うつもりでしたが、ちょっと検討の余地ありかな・・・・・・。
 その右にはこれまたヒビコレお気に入りの「PASTA CUBE」さんが。同じフロアにイ○リアント○トもあるんですが、生パスタ(麺のテイクアウトも可)の楽しめるこっちがおすすめ。先日いただいたトマト&モツァレラチーズの冷製パスタなど、実においしかった。

最後に、五反田TOCへのアクセスですが、JR五反田駅から徒歩だとちょい遠いので、渋谷<->大井町行きのバスとか学芸大学<->五反田行きのバスに乗るのが便利かも。ヒビコレチームはよく、不動前からてくてく歩いて行きますけれど、途中にMA DINERっていう、素晴らしくいいカフェがあるんですよね〜。


いぬふな@お盆も仕事

| | コメント (23) | トラックバック (1)

前期コムデギャルソンのレザーシューズ

Moonstar……みたいだと思いましたよ、五反田TOC地下の、あの有名なスポーツ用品ディスカウント店でコレを見たときは。値札には「480円」と書かれておりました。安いっ!いやいやTOCそんなもんじゃないです。そこにバッテンがされていて、「半額」と書かれているじゃないですか。ギャーッ、ににに、240円?

 これには、こんな靴を買うつもりじゃなかったいぬいぬ氏も思わずひとつレジに持って行くしかありませんでした。しかもこれ、どこの何だかわけがわかんないやつじゃなくて、Moonstarさんのなんですよね。んなわけで、作りはとってもしっかりしていますし、合成皮革の質感も高級感があります。ソールの作りとかもヨイです。
 で、これをゲットしたあとに、下のスニーカーを買ったわけなんですが、ABC MARTにいい感じの丸紐があったので一緒に購入(写真)。これに交換すると、まぁーなんだか前期コム デ ギャルソンの……って感じなんですよね。んが、帰りのバスの中で、靴よりも靴紐の方が高いことに気がついて愕然としました。靴紐は350円だったんです……ま、そういうこだわりが大人のオシャレってもんですな。ちなみにこのスニーカー、黒+白ソールのもありましたので、興味のある方はぜひ行ってみてください。ジャージが山積みになっているあそこです。仕入れて売っちゃう人とか、いそうだな。。。

@ふなふな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナイキエアでジョガー

Nikeairこのところ夜中にジョギングやっておりますヒビコレダイエット班です。こういうとき、やっぱり形から入ってモチベーションUP!ってのが、昔からの私のスタイルなので、ちょっと前にオッシュマンズでセールにかかっていたナイキのメッシュの白いランニングシューズをゲット。もう普段使いは完全無視のデザインにした方が、ソレっぽい気分になるだろうということで、コテコテのランニングシューズです。いや実はナイキフリーの予定だったんですが、セール品が完売でなぁ〜。

 でも、専用設計のシューズで走るとこれがやっぱりラクチンで、3倍くらいいけちゃいそう(それまではY-3のペタ底で走っていたんですよね)。なので、いぬいぬ氏にも「カッコ悪いけどやっぱり楽でいいよぉ〜」と強くおすすめし、五反田TOCのABC MART OUTLETで購入してきました。写真は帰り道、大崎広小路あたりで撮影したものです。あ、知ってますか? TOCにABC MARTのアウトレットがあるっての。「残り1足のみ」コーナーがオススメですよ〜。今日チェックした中では、フラノみたいな生地でグレイのジャックパーセル9,800円→1,500円とか、VANSの黒レザーベルクロ止め2,500円とか、ありました。
 んで、これがそのランニングシューズなんですが、いやーなんというコテコテのデザインなんでしょう。機能的にはカンペキなんですが、全く普段のコーディネートには合わせられません(´з`)。が、やっぱりフカフカで、走るのがらくちん。どんどん距離が伸びちゃいます。
 で、碑文谷のあたりを真夜中に走ったりしているわけですが、目標は夜中の10時くらいにDIGAWELさんに突撃して、汗だくのまんま買い物をして帰ってくるというパターン。がんばろーっと。

@ふなふな
*五反田TOCではコスメからジーンズまで激安のものをいろいろと買ってきたので、しばらくTOC編が続く予定〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の白(を、着こなしてみたいもんです)

Yyplusnoir たまにはファッションの話もしないとなぁ〜(またかよ)。ということで、今回のお題は「夏の白」でございます。夏って汗かくし、襟元とかすぐに汚れちゃうので気を使うんですが、白の清冽な涼しさはやっぱり魅力的。私は貧乏性なのであんまり白い服を持っていないんですが、今年の夏は前に紹介したレザースニーカーを買ってみたり、ちょっと白がブームなんです。
 と、前フリをしておきつつ、これは、いぬいぬ氏がまだ実戦投入せず、カーテンレールからぶら下げ、飾りとして楽しんでいる、ヨウジヤマモト プリュスノアールのブラウスです(すみません例によってプロパーじゃございません)。

 どうなっているのか、この写真じゃサッパリわからないと思いますが(←もちろん、わざとそうしてるんですけど)、服の一部にすごく大きなスリットがあって、裾をリボンみたいに結んで留めるデザインなんですよね。衿とか前立て、袖とかはごくごくシンプルでカチっとしたデザインで、まさにメンズシャツって感じなわけですが、その雰囲気のコントラストが本当にカッコイイ。着丈はショートで、ブルゾンみたいな感じで着るようです。Tシャツとかタンクトップを下に合わせるのがベイシックだと思いますが、ボディに自身があるなら、アンダーウェアの上に羽織ってもいいかもしれません。いぬいぬ氏はどうコーディネートするんでしょ?
 さて、私はDIGAWELさんでひとつ、気になっている白アイテムがあるんですよね。手に入れたら紹介してみるつもりです。

@ふなふな

| | コメント (6) | トラックバック (0)

プレミアムリングキャップが届きました

Grring心待ちにしていたGR DIGITALのプレミアムリングキャップが届きました〜。とか言いつつ、応募したことをすっかり忘れていた私です。ははは。
 応募するとき、色についてはすんごい悩んだんですが、思い切ってゴールドに・・・・・・。赤だとなんだかキヤノンの「赤ハチマキ」みたいかなぁ〜?と思ったんですよね。んが、届いてみるとこりゃビミョーな仕上がりです(笑)。ゴールドというよりは、黄土色みたいな感じで、付けてみたらこんな感じ、はっきり言ってサエません。ま、せっかくゲットしたんだから付けてしばらく持ち歩いてみようかと思ってますが、やはり正解は赤だったか!? というか、元の黒いまんまがいちばんヨイ!? いやいや、それを言っちゃオシマイですよね。思い切って塗装をはがして、地金の色を出しちゃおうか。
  もし、私が自分でデザインするとしたら、ガンメタリックとか微妙なカモフラとかにするかな・・・・・・。または、真鍮+ブラックペイントで、しかもちょっと塗装がはげている感じなんてのとか。もしくは、もう少し厚みがあるデザインにして、左手のホールド性をアップするオプションパーツみたいな実用品にするとか。

 ・・・・・・ということで、ファームアップほどの満足感は得られなかったんですが(´ε`)、リコーさん、これからもいいカメラを作ってくださいっ!心から応援してます!!蛇足ですがGR、すごく気になっている人は買った方がいいですよ〜。ハナっから気にならない人はムリに買わなくても全然問題ないんですが、気になっている人は手に入れたら「なるほど、こりゃいいカメラだぁ〜」と実感するはずです。この説明じゃわかんないよね。でもまぁ、そういうカメラなんです(笑)。

@ふなふな

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おばあちゃんの味、クロボー

Kurobo自分のブログを読んでいて、思わず消費行動に火がついてしまうアホな私です。以前、天下一品について書いたときも、会社で自分のブログを読んでいたらすんごい食べたくなっちゃって、再訪してしまいました。
 で、前にちょっと書きましたが、最近思わず20年ぶりくらいに購入してしまったのが写真のこれ、名作黒砂糖菓子「クロボー」です。子供のころは本当に大好物でバクバク食べていたような覚えがあるんですが、今にして思えば、亡くなった祖母がよく買ってきてくれたのかな? 自分では、袋で買った覚えがないんです。駄菓子屋さんで1本売りしていたような気もするけど、これも定かじゃない。もしそうだとすると昭和40年代〜50年代前半だろうから、売っていたとしても1本10円とか、そういう世界ではないかと思いますが、子供がこんな渋いのに手を出すかなぁ。それから、関東地方でどれくらいポピュラーなのか、よくわかりません。

 久しぶりに食べてみると、結構甘くてちょっとビックリしたんですが、この素朴な味はまさにおばあちゃんのお菓子って感じ。洋菓子に例えると何に似てるでしょうか?? いぬいぬ氏は「麩菓子」だと思っていたらしくて、食べたことも無かったそう(さすが、お嬢だぁ)。クロボー製菓さんのウェブサイトをごらんいただくといろいろとわかるんですが、元々は福岡県久留米市を中心とする筑後地方のローカルなお菓子。この地方では、昔からサトウキビ栽培と黒砂糖作りが行われており、お菓子作りに適した良質の小麦が栽培されていたことも手伝ってこんなおいしいものが生まれたんですね。今でも、職人さんが1本1本手作業で黒砂糖にジャボっと浸けているというのにもビックリ。社長さんもいい感じです(笑)。これからもときどき買いますよー。

@ふなふな

Kurobonotes

| | コメント (4) | トラックバック (0)

Oliver Peoplesのサングラス

Oliver_1たまにはナウいものも買ったりするヒビコレ浪費班です・・・・・・てことで、いぬいぬ氏の長きにわたるサングラス放浪記にピリオドを打ってくれたのがこちら、「海外のセレブも御用達」だとかで話題になっております、オリバーピープルズのアイウェアです。ヴィンテージもので名を馳せたブランドですが、これもいい感じですよぉ〜。そういえば、物欲道のあっきさんがお買い上げのもカッコよかったなぁ。

 これまでは千円札×数枚くらいのお手頃なのばっかり買っていたいぬいぬ氏ですが、「どうせ長く使うんだし大人なんだし、ひとつエエのをいっといたら?」ということで、ここ1年以上いろいろと試着を繰り返してきました。もちろん、有名ラグジュアリーブランドのも幾つか試したんですが、ものによってはなんかちょっとtoo muchな感じになっちゃって、出来損ないのJ-R&Bシンガーっーか、清水公園の池でヤゴ時代を過ごしたオニヤンマみたいになっちゃうんですよね。ガツンとしたサングラスには思いっきり顔負けしちゃう、醤油顔いぬいぬ氏……(私もだけど。亀○みたいな、どヤンキー顔だと似合っていいなぁ。ウソウソ羨ましくない)。
 ところがこのオリバーちゃん、何となく狙ってはいたものの、バーニーズニューヨーク横浜店でふと試着したらすんごいピッタリだったんですよ。日本人の顔に合わせてデザインされたラインだとか聞いたような気もしますが、しっかり目&目の周りをカバーする大きさながら顔なじみが自然だし、仕上げもとってもキレイで造形もスタイリッシュ。ほとんど即決でした。バーニーズって、普段はあんまり買い物をしないけど(できない)、ときどきこういうドンピシャものがあるので、やっぱりチェックしておかないと、なーんて思いました。

 そうそう、バーニーズといえば、伊勢丹の傘下を離れまして、どうなるのかな?って感じ。この情報についてはWWDのこの記事が面白かったのでついでにご紹介。さすがWWD記事って感じ〜。

@ふなふな

| | コメント (5) | トラックバック (1)

柑橘系グリーンティーにハマり気味

Greenlemon なんだかこのところ、気になるのが新種のアイスティー。例えば、炭酸ミネラルウォーター側から紅茶へのアプローチ、とも言える「午後の紅茶のスパークリングレモンティー」とか、純粋なティーソーダ好きとしましては、最初イマイチだなぁと思っていたのが、だんだんお気に入りに・・・・・・(笑)。そんな中、アサヒの「グリーンアイスティーレモン」をコンビニで発見してピクっと反応、買ってみました。

 実は今、最も気になるのがこの手のグリーンティー+柑橘系ってやつなんですよ。というのも、たまたまスタバでオーダーしたシェイクンレモン グリーンティーがとってもおいしかったから。甘さが控えめで、レモンのフルーティで甘酸っぱい味がして、後味はグリーンティならではの、微かに渋みを感じるとってもサッパリしたもの。蒸し暑い夏の午後に飲めば、体感気温が2度くらい下がりそうです。こりゃすばらしい。
 で、「グリーンアイスティーレモン」ですが、惜しいことにちょっと甘すぎるかな。レモンティーとしてはこれくらいが適正値なのかもしれないけど、この手のドリンクを欲する人は甘くないのを求めているわけだから、もうちょっと甘みを抑えて欲しい(と、思う)。ま、それでも飲んだ後の爽やかさはあるので、いちど試してみてください。んで、ぜひぜひスタバのも飲んでみて〜。
 
■おまけ
そういえば昨日ヨドバシで、ちょっと気になっているLUMIX L1を短時間ですがいじってみました・・・・・・が、なんだかどうもしっくりこないカメラという印象で「うーん残念」って感じ。掌の中にカメラがある感じがしないんですよね。あれよりずっとデカくても、カメラを使っている感じのする製品がたくさんあるのに、なんだか収まりが悪いというか。シャッターボタンの位置も(慣れると思うんだけど)、短時間では違和感あり。それから、EVFじゃなくて、光学ファインダーなのはいいと思いましたが、合焦サインがあそこに出るの!?E-330もああなのかしらん?とにかく、もうちょっとイジイジしてみます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »