« Dover Street Marketのボールペン | トップページ | Newtonの特集萌え〜 »

最後のトリニトロン

Trinitoronわが家は先祖代々トリニトロンだったんですが、(SEDトリニトロン??でも出ない限り)これが最後になってしまうようです。長い間お疲れさまでした、SONY KV-21DA1。2度引っ越しも経験して、ぶつけられて大変だったねぇ〜。
 先祖代々ってのはオオゲサですが、祖父・イサオ(実名)の時代からテレビはずーっとソニーです。実際、昭和50年代とかまでは、トリニトロン管って、普通のシャドウマスク方式のブラウン管に対して、明らかにアドバンテージがあったような気がするわけですが、なかなかマニアックだったウチのおじいちゃん「テレビはやっぱりソニーじゃ!」と断言しておりました(昭和40年代末の話)。実際、出てくる画がよかったんですよね〜。明るい、クッキリ、色も正確。画面の垂直方向が当初からフラットなのも気持ちが良し。白い画面のとき、ダンパーワイヤーの影が時々気になるとしても、です。そんなわけで、もうすぐわが家にやってくる、初めての家電メーカーのディスプレイ、大丈夫かなぁ。

 何が不安かというと、画は問題ないことを確認しているとしても、GUIをはじめとするインターフェースがダサダサだったりすると人一倍ゲンナリするんですわたくし(もちろん、ザッとは確認しているけど)。5年くらい前、これまた「最後の」VHSデッキとして某“美しい”S社のを買ったことがあるんですが、MS-DOS時代みたいな信じがたいGUIで本当に使うのがイヤになったことを思い出します。リモコンも心底使いにくかった。そういう意味では、ソニー製品に対しては、「腐ってもソニー」的、ある種の信頼感みたいなものがあるんですよね。たとえば、パワーボタンの位置が統一されているとか、リモコンの操作性に一貫性があるとか、GUIの画面がきちんとデザインされているとか。「ソニータイマー」なる珍語もありますが、現代の、しかも日本メーカーの工業製品の生産管理体制下で、そんなにうまいことソニーばっかり壊れるわけないでしょ。ま、工業製品を買うときにそこまで不安だったら、何でも初期ロットはとりあえずパスするのが賢明だと思います。あれれ、話が脱線しちゃった。
 そんなわけで、ソニーかパイオニアあたりを買いたかったのですが、残念ながらうまくハマる製品が無かったのは、ことのほか残念と言わざるを得ません。どちらにしてもこのカテゴリ、過渡期ですなぁ〜。  (何となく続く)

@うしうし

|

« Dover Street Marketのボールペン | トップページ | Newtonの特集萌え〜 »

コメント

>7さま
うーん、また不安が。。。。
次に来るのは、H社なんですが、画質は素晴らしいけど
もういきなり、リモコンからしてトホホなんですよ。
部屋に置きたくない感じのリモコン。
なんかマッサージチェアのリモコンみたいな風体で。
学習リモコンにまとめて、抹殺するつもりなんですが・・・・・・。

投稿: ふなふな@ひびこれ | 2006/12/01 19:53

>teteさま
コンチワー。
そうそう、経済誌とかで負け組とかバッテリーがどうのこうの書かれても
やっぱり日本のメーカーではわたくしもヒイキにしてしまいます。
工業デザイナーというより営業マンの言う通りデザインしたみたいな製品
多いですからね、他は(笑)。

投稿: ふなふな@ひびこれ | 2006/12/01 19:52

>MusTさま
おおー、近いモデルだぁ〜。
そんなわけで、ここ一月半くらいはヤフオクの鬼神と化しておりました。
購入資金の60%を叩き出した(笑)。

投稿: ふなふな@ひびこれ | 2006/12/01 19:49

TV、ビデオ、DVD…ソニーです。

AV機器って、揃ってないと嫌ですよね。

実家はてんでばらばらだったので、「一人暮らししたら絶対統一するんだ!」って思いながら生きてましたw


実際揃ってると操作性良いし、ソニーはずっとユーザーフレンドリーなインターフェイスですよほんと。

投稿: 7 | 2006/12/01 19:21

ひょっこり・・
私も”sony世代”です。
ついついsonyなのです。ケータイも・・

投稿: tete | 2006/11/30 11:42

トリニトロン、まだまだ頑張らせるつもりです!
ウチのはKV-25DS1、二度の引越しは同じです(笑)。
いいですね~、新ディスプレイ。うらやましい。。

投稿: MusT | 2006/11/30 00:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Dover Street Marketのボールペン | トップページ | Newtonの特集萌え〜 »