« オプティカル・イリュージョンで騙される快感 | トップページ | 西小山駅近く「チロルベーカリー」のコッペパン、うまうま »

まさに暴君チョコ貴族って感じのいい仕事

Hbanr「きっと、夏が来る頃には会えなくなるね」。そんなふうに、残された時間の短さに、ふと気がついたら……なんだかケータイ小説並みに純愛の炎が燃え上がってイッキに買ってしまいました。暴君ハバネロ・チョコ貴族。
 ごはん食べにいくと、とりあえず知らないメニューからオーダーするような私でも、さすがに「これはどうよ……」と何度か手に取っては棚に戻すを繰り返していたこの製品。でも、暴君ハバネロLOVEなものでやっぱり食べないと、ていうかオレが食わなきゃドースル……ということで買ってみたらすんごいおいしいじゃないのよ。口に入れたときは極めてちゃんとしたチョコで、食べ終わったらハバネロ。あれれれ、あんたたちいつ入れ替わったの!?と、なんだか狐につままれたような感じですが、チョコが甘過ぎなくて、ハバネロの暴力的な味をうまく包み込んでいるんです。おお、まさにチョコ貴族って感じやんか。東ハトさん、いい仕事してます。すばらしい。

 でもこれ、ふかふかのパウダーチョココーティングなものですから、いいとこ6月までの命じゃないでしょうか。24時間冷暖房のコンビニならいいけど、夜間に室温の上昇するふつうのお菓子屋さんとかスーパーだともうグダグダになってワンブロックに固まっちゃいそう。その高貴な味を楽しめるのもあとわずか、ってことでしばらくまとめ買いが続きそうです。

@ぷなぷな

|

« オプティカル・イリュージョンで騙される快感 | トップページ | 西小山駅近く「チロルベーカリー」のコッペパン、うまうま »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オプティカル・イリュージョンで騙される快感 | トップページ | 西小山駅近く「チロルベーカリー」のコッペパン、うまうま »