« 高尾山、死の彷徨 | トップページ | 三宝カメラでSIGMA VF-21をゲット »

これは傑作「District9」猫缶ひとつ買います

3野島公園で干し芋食って木登りしたあとどうするべ?といろいろ考えていたのですが、品川か横浜方面で映画はどうでしょう、ということでいろいろと調べた結果、上映時間がぴったりはまった川崎へGOということになりました。いや〜川崎で降りるのは何年ぶりでしょうか。ヨドバシとかは行ったことあるんですが、道路渡るのはかなり久々です。で、選んだのはDistrict9(第9地区)。日本公開前からチェックは入れていたのですが、設定は面白そうだけどプレデターみたいな感のB級SFかと勝手に予想していました。

 ところがなんじゃこれ!! 見た人の多くがあれこれ語りたくなるであろう映画なのでざっくりしたことしか書きませんが、予想を遥かに超える傑作だと思いました。
 異星人とのコンタクトそれ自体ではなく、異星人をモチーフに人間(社会)を描くタイプの映画なんていまどき珍しくもありませんが、部分的に通底するテーマを持つ「アバター」が、緊迫はしてもどこかファンタジーとして安心していられるのに比べ、この映画の視線は皮肉に満ちた強烈な告発とでも言えるもので心臓にぐさぐさ刺さります。私の呑気な性格もありましょうが展開も読み切れず、後半の爆発的な疾走感は鳥肌がたちました(いや、むしろ社会派な寓意ばかりに目を奪われるとこの映画の良さを見失う、と言うべきか)。

 テーマ性だけでなくビジュアルも実に見事で、よどんだ大気越しのスペースシップのデカさや、それが◯◯したときのバフーンな空気感、ニュース映像の使い方、手持ちを生かしきったカメラワークも秀逸の一言。この監督、ほとんど無名で、しかも主演はプロの役者ではないってマジ?
 とにかく私は完全にやられてしまいました。年末に見たアバターの強烈な印象がいまだ醒めやらず……だったのですが、グーで殴られたような衝撃とともに、すっかりその記憶が上書きされてしまうのを感じたほど。笑えるシーンも多数ある一方、ややグロい描写もあるのでデートムービーとしては相手を選ぶかもしれませんが、SF好きなら見て損はなしの1本だと思います。

 ちなみに見たのは川崎駅前のTOHOシネマズ。エビでも猫缶でもなくラーメン空海をいただいて満腹で帰ってきました。

@ぷなぷな 


|

« 高尾山、死の彷徨 | トップページ | 三宝カメラでSIGMA VF-21をゲット »

コメント

>あくびさま
うははは、これを食事中はどう考えてもwww
猫缶は食べたくなってしまいますが。
当方、ドッグフードは食べてみたことがあるんですが、ものすごくまずくて(味がない、なんか保存料みたいなきついにおい)、でも高級なフリスキーとかならもしかすると、、、いや脱線しました。ぜひ劇場で大音量でどうぞ!

投稿: つなつな | 2010/04/19 20:23

はじめまして。いつも楽しみに読ませていただいております。 今回欧州出張の機内で「第9地区」見まして、取り上げられていたのでついうれしくてコメントしました。
でも、機内では画面は小さいので「臭い」というか、「べとつき感」がいまひとつ伝わらず。劇場に行こうかと思っています。 カットもされていたかもしれません。 あと、食事中に観る映画でもありませんでした。restaurant

投稿: あくび | 2010/04/15 23:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高尾山、死の彷徨 | トップページ | 三宝カメラでSIGMA VF-21をゲット »